フラット35の金利を住宅ローンと比較すると?

長期固定金利型のローンというと、フラット35がぱっと思い浮かぶという方も多いと思います。いろいろ調べていますと、フラット35以外にも銀行などが独自で35年等の長期固定金利型住宅ローン商品を取り扱っているのがわかってきました。いったいどういうところがちがうのでしょう?比較してみました。まず大きな違いとして、融資率が挙げられます。フラット35の場合、一般的に融資率は9割以下となります。今では9割を超えても借りられるそうですが、9割を超えると審査も厳しくなり、金利も高くなります。一方で銀行などの超長期固定金利住宅ローンの場合、10割も可能のようです。また、フラット35の方が物件の条件が厳しめな印象ですね。他にも大きな違いとして保証料の有無、団信加入義務などが挙げられます。

フラット35金利一覧!2017年3月の最安金利は?【銀行比較】
フラット35の金利を一覧で比較するとあることがわかってきます。金利が低い銀行と高い銀行との差といえばそれまでですが、くっきりとその差がで手来るものなのです。住宅ローン金利は安いほうがいいのはもちろんのことですが、フラット35の場合はほかの条件は手数料以外あまり変化がないですから金利一覧で金利が安い銀行を見つけることが重要なのです。